気候を確認して失敗しない沖縄マリンスポーツ

沖縄本島の年間平均気温は23℃で宮古島や石垣島に比べると少し低くなっていますが、東京や大阪などの本土に比べれば6℃〜7℃も高く沖縄本島の方が断然暖かくなっています。

特徴としては冬もあまり気温が下がらず本土より10℃近くも高い気温で年間を通じて温暖であることです。

また、夏の最高気温は本土より低いことが多く35℃以上のような猛暑日になることはほとんどありません。

パラセーリングはボートに引かれ背に付けたパラシュートが風を受けて空に体が舞いあげるアクティビティーであまりにも日差しが強いのは熱中症などの危険もあり、そこまで気温の上がらない温暖な沖縄での体験はお勧めです。

沖縄マリンスポーツで注意したいのが沖縄は台風の年間接近数平均値が7.4となっており本土の5.5を大きく上回る統計があるので台風の影響を受けやすい地域です。

パラセーリングは小雨程度であれば行うことができますが、安全面に配慮して強い雨や強風、船の運航にも影響する波の高い日には中止になることがあります。

沖縄マリンスポーツを満喫するためにも事前に当日の天候確認はチェックしてせっかくの体験が中止にならないようにしたいですよね。

沖縄マリンスポーツは体調万全で

沖縄マリンスポーツを思いっきり楽しめるように体調管理も大事です。

食べ物では沖縄ならではのゴーヤチャンプル、ジーマミー豆腐など他にもたくさんの郷土料理があり沖縄でしか食べられない魚などもあるのでついつい食もすすみます。

ゴーヤチャンプルは沖縄の方言でチャンプル「ごちゃ混ぜ」という意味があり、使われているゴーヤは農家ではもちろん沖縄では一般の家庭でも庭などで栽培されているくらい愛されている野菜です。

お酒でいえば泡盛が有名でお酒好きにはたまらないでしょう。

泡盛菌という沖縄原産の黒麹菌で作られていて一般的には30度のものが多い強いお酒です。

旅行の気分も手伝って飲みすぎてしまがちですが、沖縄マリンスポーツ前日は控えめにします。

パラセーリングでは港を出港してポイント到着までボートで移動します。

船酔いが心配な方は酔い止めを事前に飲むこと、飲酒していたり妊娠している場合は体験できません。

特に飲酒状態でのパラセーリングは危険で吐いたり体調不良にもつながるので気をつけたいところです。

ボートも貸し切りでない限りは他の参加者と一緒に行うことが多いので迷惑にもなります。

海上からみる沖縄マリンスポーツを思い出に

数ある沖縄マリンスポーツの中でもパラセーリングの魅力の一つは普段は海を上から見下ろすことはできない分、いつもとは違う景色を堪能できるところにあります。

空からの海の眺めは沖縄の広くどこまでも続くビーチをまるで独り占めしているかのような錯覚も味わうことができるのです。

沖縄の海の特徴はとても大きな海域があり東西1000キロ、南北400キロで見渡す限りの海が続き160の島々を有しています。

波は穏やかな暖流の黒潮に囲まれていてとても暖かい海です。

沖縄の地形の特徴で川などがないため山の栄養分が海に流れてこないことでプランクトンが少なく海の透明度が非常に高くこの透明度の高さは珊瑚の生育に適しているためサンゴ礁が発達しています。

全世界には約800種類の珊瑚がいますが沖縄にはそのうちの約200種類の珊瑚が生息していてとても美しい海です。

沖縄マリンスポーツを楽しみながら世界屈指の透明度を持つ海を見られるのは感動ですよね。

思い出に写真を撮るなら手持ちのカメラにストラップを忘れずに付けること、スタッフの人にお願いできるのであれば船上からパラシュートで空中散歩を楽しむ自分の姿を写真で残すこともできて大満足ですね。

沖縄について語りましょう。沖縄パラセーリングのMarinchuがおすすめです。